※重要※

どうも、理学療法士の笹川です。
遂に、すべてのスポーツ選手の

「痛みやケガの改善と予防」
「パフォーマンスの向上」
「コンディションの維持」

と、スポーツパフォーマンスを
完全フルサポートできる施術法
「QMA」をマスターできる企画が
完成しました。

今回の企画は期間限定の募集です。

募集期間が終了すると、
その後は参加ができません。

期間を限定する理由は1つです。

真面目に自身の将来を考え、
治療家/トレーナーとして
次のステージへ進みたいと

本気で考えている方にだけ
手にして欲しいと思ったからです。

「気付いたら販売が終了していた」

ということにならないように
今すぐ手に取っていただいて
QMAをあなたのものにしてください。
あなたの決断を心からお待ちしていますね。

笹川 大瑛

スポーツ選手の全てを
たった1つでカバーできる
奇跡の施術法

私は2018年の3月に

「関トレ」という書籍を

出版しました。

 

本をキッカケに

私のことを知ってくれた方も多く

今でも全国へリハビリのために飛び回ったり、

 

300名を越える治療家に向けて

施術法を伝授しています。

 

そんな私がお送りする

また新しい施術法です。

 

スポーツ選手の全てを

たった1つの施術法でカバーできる

奇跡の施術法

発見してしまったのです。

 

いきなりこんなことを言っても

なかなか信じてもらえないと思います。

 

ですが、冗談抜きで

”ものすごく”効果が出ます。

 

順を追ってしっかり説明させてください。

 

まずは、すでに一部の先生に

実践してもらっていますので、

その一例をご紹介します。

プロスポーツ選手も
”虜”にする奇跡の施術法
QMAとは!?

まず始めにご紹介したいのが

 

「QMA」によって

「ゴルフの飛距離」が劇的に伸びた

ある女性の事例です。

 

QMAという奇跡の施術法は

 

「スポーツパフォーマンスの向上」

「痛み、ケガの改善や予防」そして

「コンディションの維持」まで

 

スポート選手の”すべて”を

サポートできてしまう施術法です。

 

今回の事例はまさに

QMAの魅力を伝えるためには

非常に伝わりやすい例なので

ピックアップしました。

 

しかも、患者さんというのは、

プロゴルファーの方です。

 

彼女は現在ドラコン、

 

つまり

 

「飛距離を出すコンテストのプロ」

 

として活動をしています。

 

実際に名前などは出せないのですが、

インタビューさせて

 

もらえることになったので、

 

まず

 

・どのような状態だったのか?

 

そして、

 

・「QMA」を通してどのような

スポーツパフォーマンスが変化したのか?

 

患者さんの目線と

施術した先生からの目線で

お伝えしていきますので

 

QMAという施術法が

一体どんなものなのか?

知ってほしいなと思います。

 

私が満を持して公開する

「最強の施術法」なので

じっくり読み進めてください。

 

あ、ちなみにですが、

今回のインタビューは

なんと”自粛期間中”の練習に

お邪魔をしました。

 

自粛期間中は

多くの治療院やジムが

やむを得ず休業となり、

 

営業をしていても

お客足が極端に

減ってしまったという話も

耳にしています。

 

そんな中でも、

専属のトレーナーとして

呼んでもらえる。

 

治療家/トレーナーとしては

嬉しい瞬間の一つです。

 

それに加えて、

 

スポーツ選手は自粛期間中も

トレーニングを休めない。

 

というのも理由にあります。

 

幼少期から休む間もなく

トレーニングを続け、1日でも休んでしまうと

取り戻すのに3日かかるとも言われています。

 

休んだ分を取り戻そうとして

過度に練習すると怪我のリスクも高まります。

 

QMAは「痛み、ケガの改善や予防」にも

効果を発揮するので

スポーツ選手からしても安心です。

 

コロナ渦でも関係なく、

患者さんに施術を依頼されるのは

とても嬉しいですよね。

 

では、早速本題に入りましょう。

5回の膝手術を経験し
右足が変形…
致命的なレベルから
QMAで現役復帰!?

「すでに身体に限界が来ていました」

 

都内某所のゴルフ練習場にて、

ある1人の女性ゴルファーが

過去の苦悩を語ってくれました。

「すでに身体に限界が来ていたんです。

 

というのも、

5回の膝手術を経験し、右足が変形。

 

もう歩くこともきつい状況で、

ゴルフなんて

とてもできる状態ではなかったのです。

 

そんな時に、あるキッカケで

1人の先生に出会いました。

 

元々、私は「関トレ」を読んだことがあり、

笹川先生のことを知っていました。

 

そして今回は、その笹川先生の

教え子さんをご紹介頂きました。

 

ただ当時は、引退も考えているほど、

諦めかけていたので、

 

いまさらどうこうできる話では

無いだろうな

と思っていたんです。

 

それでも、

 

「新しい施術法があるから

それなら痛みを取り除き、

スポーツパフォーマンスも向上できる」

 

と強くおっしゃるので

 

1%でも望みがあるなら、

最後の悪あがきでやってみるか程度の

そんな気持ちで先生にお願いしました。

 

すると結果は

想像を遥かに超えました。

 

というのも…

 

右足が変形し、

立つことも困難な状態で

限界が来ていた身体に

 

QMA

クイック・マッスル・アジャストメント

を実施してもらい、

 

みるみる身体機能が

回復していったのです!

 

具体的には…

 

杖をつかないと立てない状態から、

自分の足で”すっと”立てる状態になり、

 

足をひきづらないと歩けない状態から、

ゴルフ場を何キロと歩ける状態になり、

 

そして!

 

100メートルを全力ダッシュで

走れる状態にまで

驚くべきスピードで回復していきました。

 

まるで魔法のように。

 

そして私は、

ドラコン女子日本一に

”自己ベストを更新した上”で

なったのです。

 

半ば諦めかけていた私を

救ってくれた先生は

私にとってのヒーローです!

 

今でも先生の施術は受け続けていますし、

先生のアドバイスは欠かせません。」

いかがでしょうか?

 

まさに死に際ゴルファーからの

奇跡的な復活劇。

 

QMAによって

「痛みやケガ」が改善され

「スポーツパフォーマンス」が向上。

 

そして、現在も

コンディション維持のため、

週2回の練習に同行する先生。

 

私が実際にインタビューして感じたのは

「患者さんが先生に虜になっている」

と感じてしまいました。

 

だって、毎週2回も

診察に来るお客様ですからね。

相当、熱狂的なお客様です。笑

 

先生へ対する信頼というもので

非常に強く結ばれている姿を見て、

 

QMAを開発して

本当に良かったなと

改めて思いました。

 

ちなみに、ここでご紹介している

私の教え子である「先生」は

ゴルフの先生ではありません。

 

「普通の」といいますか、

特別な才能を持っていたとかではなく、

 

元々は「患者さんを治せない」と

悩んでいた治療家の一人です。

 

悩んでいたからこそ

私に元へ施術法を学びにきたのです。

 

さらに言えば、

ゴルフの専門知識もありませんし、

 

ボールにもまともに

クラブが当てられない素人です。笑

 

しかし、

 

ゴルフのドラコン王者に

週2回、練習に同行を

お願いされるほど信頼されるのです。

 

すべて、これからあなたへ

お伝えしていく「QMA」の力です。

 

QMAという奇跡の施術法は

”あること”にフォーカスした

魔法のような施術法です。

 

なぜなら、

限界が来ているどんな身体でさえも、

元に戻してしまえるからです。

 

今回の事例は、

プロゴルファーの方でしたが、

 

例えば、この方法は、

もう歩けなくなった後期高齢者にも

適用ができるレベルで再現性があります。

 

なので、治療家/トレーナーの方へ

ぜひ使ってほしいと思っています。

 

まだ謎が多いと思いますので

引き続き解説していきますね。

 

まずは、

「スポーツ選手」の

「スポーツパフォーマンス向上」を

ピックアップしてお話しています。

 

理由としては、

スポーツ選手をサポートする方が

治療家/トレーナーにとっても

様々なメリットが受けられるからです。

 

一体、どのようなメリットがあるのか?

 

スポーツ選手の心情から

考えることで見えてきますので、

 

まずは、

気持ちはあっても
身体という”土台”が
ついてこない苦悩

について、

お話させてください。

 

私自身は、

子供の頃から剣道に取り組み

今でも大会へ出場するほど

熱中しています。

 

スポーツをする中で

実際に感じたことや

 

治療家として現場に出て

実際に相談されたことを

中心にお話ししますが、

 

スポーツ選手には、

数多くの悩みが存在しています。

 

その中でもやはり

「身体」についての悩みが

一番多いです。

 

具体的には、

 

「パフォーマンスを上げるためには?」

「ケガをしないようにするためには?」

「コンディションを維持するためには?」

 

など。

 

各スポーツの専門家でも

分からないような、

 

身体の構造についてを

知っておかなければ

解決できない悩みです。

 

スポーツの知識ではなく、

身体についての専門知識を求められます。

 

ただスポーツしているだけでは

知ることができない裏側の部分です。

 

ですので、

そのスポーツの専門家、指導者ではなく、

身体の専門家の知識や知恵が必要

ということになります。

 

私も剣道をしている時に

感じていたのが、

 

「やりたい動きが思うようにできない」

 

という苦悩は非常に

悔しい思いをしていました。

(今はその悩みとは無縁ですが。)

 

そこで我々

「身体を診る専門家」の出番です。

 

良い動きの習得に

”命をかけている”

スポーツ選手にとって

”早く””確実に”
パフォーマンスが上がるなら
お金をいくら積んでも
構わない!!!

のです。

 

QMAでは、

ある原則に従い施術することで

「身体機能」を高めていきます。

 

これにより、

 

・ケガの予防

・パフォーマンス向上

・コンディション維持

 

が可能になり、

 

その人が持っている、

最大出力のパフォーマンスを

発揮することができるのです。

 

「出力を高める」

という部分を解説すると、

 

例えば、

 

重たい荷物を持ったあとに

他の荷物を持つと、

”いつも以上に軽く感じた”こと

ってありますよね?

 

荷物の重さは変わっていないのに

なぜ、軽く感じるのか?

 

それは、筋力の出力が

重たい荷物を持ったことで

高まっているからです。

 

最大出力が10だとすれば、

いつもは3で運動している所を

 

QMAを施すことで、

8まで出力を高める。

 

するといつも以上の

パフォーマンスを

引き出すことできるということです。

 

しかも、短時間で。

これがQMAの理屈です。

 

また、選手にとって

「こうしたい」

という動きがあっても、

 

身体の構造上

 

”できる動き”と

”できない動き”

 

が存在します。

 

専門家から見れば

「それでは理論上無理なので、

こっちのやり方をオススメします」

というような簡単な話でも、

 

スポーツ選手にとっては

「やってみなきゃ分からないでしょ!」

と根気乗り切ろうとし、そしてケガをします。

 

もしくは、スポーツ選手自身で

身体の研究をするとなると、

 

仮説→検証で

多くの時間を費やしてしまい

 

本来割くべき効果的な練習時間を

削ることになりもったいないです。

 

だからこそ、我々が

サポートしてあげることにより、

 

より早く、より確実に

「良い動き」が習得できるのです。

 

当たり前ですが、

治療家/トレーナーの方が

身体の専門家ですので、

 

スポーツ選手よりも

どういった筋肉を動かせば

 

・どんな反応が出るのか?

・どんな結果が生まれるのか?

 

持っているデータや

知識の量が違います。

 

私も理学療法士として

勉強をしたからこそ

知ったことがたくさんありました。

 

身体ってこんなに奥深いんだと。

 

私の場合は研究をやりすぎて

QMAの開発に辿り着いてしまったのですが

 

すでに辿り着いた答えを

あなたには特別に公開します。

 

やはり一人でも多くの

スポーツ選手がより活躍するなら

見る側として、やる側としても楽しいので。

 

仮に自分が、スポーツ選手になった

気持ちで考えて見てください。

 

毎日毎日遅くまで練習し、

それでも越えられなかった目標の数字に

 

たった「15分」施術で身体機能が

今までの自己ベストを

軽く更新するほど高くなるのです…。

 

控えめに言って最高ですよね。

 

そして、身体機能の中でも

特に重要になるのが、「伝達機能」です。

アスリートにとって
「伝達機能」は命

少し専門的な話になるのですが

 

「ボールを投げる」とか

「ボールを蹴る」など

 

スポーツではよくある動きですが、

 

人によって、

投げる球の速さ、

ボールへの反応など

「差」がありますよね?

 

なぜ同じ人間でも

スポーツ能力に差が生まれるのか

と言いますと、

 

スポーツに関する動作は全て

「伝達機能の良し悪し」

で結果が決まってしまいます。

 

「投げるぞ!」

「蹴るぞ!」

「走るぞ!」

「跳ぶぞ!」

 

意思決定をしてから

実際に身体が動き出すまでに

 

まず、脳から命令が走り出し

筋肉へと伝達されます。

 

そしてようやく

動くことができる。

 

伝達機能とは

脳みそ → 筋肉

までの伝達のことなのです。

 

なので、

 

脳みそ → 筋肉

へのスピードを

極限まで高くすること

 

つまり、

 

”伝達機能”を

高くすることは、

 

0.1秒を争うスポーツ選手には

「命」となる機能です。

(※当然、早いほうが良い動きになる)

 

さらに、その際に、

「エネルギーの出力が高い」と、

”より良いパフォーマンス”が

生まれます。

 

・伝達機能の速さ

・エネルギー出力の高さ

 

まさに、

 

スピードとパワーを

同時に向上させるのが

今回のQMAなのです!

 

野球で言えば、

 

ホームラン王と

走塁王を同時に

獲得する

 

ような、夢のような選手です。

 

大谷翔平のような

スーパースターを

あなたの手で生み出すことが

できるかもしれません。

 

このように、QMAでは、

身体機能を

高めることが可能なので、

 

選手のパフォーマンスを

大幅に向上させることができます。

 

そして、繰り返し言っているように、

 

スポーツパフォーマンス向上だけではなく、

「痛みや怪我の改善、予防」にも

QMAは効果を発揮します。

 

ちなみにですが、

「痛みを取る」ことと

「能力を伸ばす」為にやる施術は

全く同じです。

 

患者さんの状態によって

意味が変わるだけで、

施術内容は同じなのです。

 

つまり、QMAは

1つ覚えるだけでいいのです。

 

治すと伸ばす。

 

2つを手に入れたあなたは

患者にとってのヒーローになります。

 

なぜなら、

ボロボロになっても
治してもらえる安心感

を提供することが

できるようになるからです。

 

メンタルの話にはなりますが、

精神面で支えてもらえるというのは

 

スポーツ選手からすると

すごく助かります。

 

一度怪我をした

スポーツ選手にとって

 

「怪我の再発」は

非常に大きな恐怖となり、

 

動きを萎縮させる原因に

なるからです。

 

私は、剣道を

腰痛が原因でやめた時期があり

 

当時は腰に対しての恐怖が

とてもありました。

 

「いま全力で動いたりしたら

また腰を壊すんじゃないか?」

 

恐怖のあまり、

全力で動くことが

できなくなりました。

 

恐怖を抱えたままだと

当然、パフォーマンスは低下。

 

怪我から復帰したスポーツ選手が

著しく成績を落とすのは

 

「また怪我をしたらどうしよう・・・」

 

という邪念が

無意識に働いているからなんです。

 

しかし、

 

QMAを習得した先生の存在は

そのメンタル面ですら

カバーすることができます。

 

「どんな状態でも元に戻してくれる」

 

先生が居るという

安心感だけでも、

 

パフォーマンスに

大きく影響するのです。

 

怪我に怯えながらプレーしても、

最高の結果というのは生まれません。

 

実際に、冒頭で紹介した

プロゴルファーの女性の方も

安心してプレーできていました。

 

5回の膝手術を経験し、

右足が変形していたにも関わらず…

 

もちろんこの、

QMAでは、

 

・万全な怪我の予防

・無理な動きについては事前に共有

 

することができるので、

怪我をする確率は

極限まで低くすることができます。

 

ここもまた、患者さんを、

あなたの虜にする

大きな要因となるでしょう。

”足が付いてるだけマシ”
という状態だった女性が
ゴルフの飛距離「342ヤード」

走ること、歩くこと、

ができず

 

そして、

「立つこと」さえも

しんどくなった身体。

 

当時、彼女自身は

 

「足が付いているだけマシ」

 

と、自虐ネタを

言っているくらい

 

とてもスポーツできる

身体ではありませんでした。

 

なんとかごまかしながら

スポーツを続けていたのですが

 

それすらも限界が来ていて

「もう、辞めるしかないかな?」

と引退も考えていたそうです。

 

当然ですよね。

立つことも困難な訳ですから。

 

スポーツなんて到底できないです。

 

そんな時に、

QMAに出会いました。

 

そして、

 

「足が付いているだけマシ」

という絶望的な状況から、

 

奇跡の復活を遂げ、

ゴルフの飛距離で

「342ヤード」

出す程になったのです。

 

↑の数字は

入力ミスではありません。

 

確かに、女性ゴルファーで

「342ヤード」を

叩き出したのです。

 

信じられますか?

 

少し前まで、

立つことも困難だった人が

当時の日本新記録を更新したのです。

 

ゴルフをやっている人なら

分かると思いますが、

 

女性ゴルファーで

342ヤードを出すのは異常値です。

 

現に当時の日本記録でした。

 

男性でも

その飛距離を出す人間を探すのは

難しいくらいでしょう。

 

当然、元々アスリートで

長くスポーツに取り組み

ある程度の身体が出来上がっていた

という事実もあります。

 

ですが、ケガをする前でも

届かなかった数字を、

 

ケガをして、復帰したあとに

更新をするというのは

他の競技でもあまり聞いたことがないです。

 

これが

「治す」を超えて

「伸ばす」までサポートできる

QMAの威力なのです!

 

私が今回、

強くあなたに伝えたいのは、

これまでの話のように、

「スポーツ選手」×「QMA」
は、”最強”のマッチング

だということです。

 

事例はゴルフだけではありません。

 

私も現在、QMAを使って、

バレーの選手の

身体操作指導を行なっています。

 

バレー部の話も

後ほど詳しく話しますが、

 

キッカケは

「ケガや痛みの改善と予防」

が始まりでした。

 

そこから、痛みを取るだけではなく

「跳躍力」が向上したりと

 

スポーツパフォーマンスを

上げてしまいました。笑

 

毎年、怪我人だらけの部活から

怪我人はゼロのチームへと導きました。

 

自分で言うのもなんですが、

バレー部は私を手放すことが

できないでしょう。笑

 

そんなことをしたら、

 

・また、怪我人が続出

・パフォーマンス低下

 

のダブルパンチを食らうからです。

 

半分冗談で、半分事実です。

 

これが、

 

QMAとスポーツ選手が

最強のマッチングであると

断言できる、所以です。

 

「スポーツの知識もない人間が

現場で指導なんてできるのか?」

と、不安に思う人もいるでしょう。

 

ですが、アメリカではすでに

コーチングの文化が進んでおり、

スポーツ選手をサポートする

コーチの存在は様々です。

 

まず、プレイヤーとしての

技術の指導者は

当然居るとして、

 

それ以外にも。

 

メンタル面のコーチや、

食生活に関するコーチなど。

 

各分野のエキスパートを

専属でつけることが

多くなってきています。

 

その競技を教える以外の

コーチが存在するのです。

 

そして、今回の

QMAが狙うのは、

 

特に身体機能を向上させる、

「身体能力向上のコーチ」としての

ポジションを狙っていくことです。

 

技術や、メンタルではなく

「身体そのもの」を診る、

サポートできる人になれます。

 

「治す」と「伸ばす」が

両方できる訳なので、

チームには欠かせない

存在へとなります。

 

なので、QMAを、

身につけたあなたに待っているのは、

 

プロのスポーツ選手から直々に

専属のオファーが届いたり、

 

地域の部活や、スポーツ団体にも

呼ばれるようになったりして、

 

あなたが施術するたびに

選手のパフォーマンスが

みるみる向上していく未来です。

 

私のようにスポーツ選手団の顧問に

なるかもしれませんし、

 

小学生から大学生までの

スポーツジュニアたちを

長年「主治医」として

見ていくかもしれません。

 

高齢者のゴルファーを

一生見ていく先生になるかもしれません。

 

高齢者だけではなく全年齢が対象の

スポーツに特化された施術法を学ぶのは

かなり合理性を感じませんか?

 

これは、まさにチャンスです。

 

ぜひ、

 

「選手の最高の結果を

引き出すことができる先生」へ

 

なってください。

トレーニング指導するけど
私はゴルフをやったことは
”ありません”

もうひとつ、

 

QMA

クイックマッスルアジャストメント

 

について

知っておいてもらいたい

 

事実があります。

 

これだけ、

スポーツ、スポーツと

連呼していますが、

 

各スポーツ競技に対しての

経験や知識が必要かと言えば、

実は全く関係ありません。

 

極論、

「スポーツ未経験」

でも構いません。

 

というのも、

同じ人間であれば、

「身体の使い方」というは

”全て一緒”だからです。

 

”構造が同じ”という

表現の方が

正しいかもしれません。

 

備わっている筋肉や関節、

万人共通です。

 

歯の数がみんな同じ様に

構造は同じです。

 

歯は、抜けて減ったりしますが、

筋肉や関節は減ったりしません。笑

 

あくまでも

「身体の専門家」としての

役割が重要なので、

 

スポーツに対しての知識を

入れておく必要はありません。

 

QMAに必要なのは、

そこじゃないということです。

 

「知識がないとスポーツ選手を

サポートできないんじゃないか?」

 

と、もし不安に感じていたら、

安心してほしいなと思います。

 

スポーツに関する

知識や経験は、全く不要です!!

 

知識や経験が不要ということであれば、

診れるスポーツの幅も無限です。

 

野球、ラグビー、サッカー

卓球、テニス、水泳、飛び込み、アメフト…

 

キリがないので、

ここでやめておきますが、

 

もう、”すべてのスポーツ選手”に対して

 

QMA

クイックマッスルアジャストメント

 

を、使っていただくことが可能です!

この様に”QMA”は
プロスポーツ選手すら
”虜”にするほど
高い威力がある施術法です

QMAという

最新の施術法が…

 

「すべてのスポーツ選手の

痛み、ケガの改善や予防」

 

「すべてのスポーツ選手の

コンディション維持」

 

「すべてのスポーツ選手の

パフォーマンス向上」

 

を可能にする、

施術法であることが

伝わったかと思います。

 

可能であれば、

何度か読み返して頂く

 

そのたびに、

QMAの発見があるでしょう。

 

あなたにもぜひ、

使ってみてほしいなと

思っています。

 

たった1つの施術法で

 

・ケガや痛みの改善と予防

・パフォーマンスの向上

・コンディションの維持

 

が、再現可能です。

 

本当にこの施術法は、

”奇跡の施術法”だと思っています。

なぜ、QMAを公開するのか?

ぜひ、あなたにも

QMAを習得してほしいと

思っていますが、

 

私が突然、こういった企画を

作ったのには理由があります。

 

というのも、

 

コロナウイルスの影響で、

店舗の売上が

落ちてしまった

 

治療家/トレーナーが

たくさん居ると聞いています。

 

同じ業界に属する者として

他人事ではありません。

 

そんな中でも

 

QMAを

実践している先生方は

 

特に売上に影響がなく、

 

むしろ、

 

増収増益記録を更新した人も

いらっしゃいました。

 

なぜ、そんなことが可能なのか?

一体、なにが違うのか?

 

それは、一言でいうと

”熱狂的なお客さん”の存在です。

 

コロナだろうが、なんだろうが、

”熱狂的なお客さん”であれば、

お店には来てくれる。

 

そういった、”熱狂的なお客さん”を

どれほど、抱えられているか。

 

繋がりやコミュニティを

強く意識する時代だからこそ

必要な考え方です。

 

では、どうやって

熱狂的なお客さんを作れるのか?

 

私はそれが、

QMAで実現できると

考えているのです。

 

まさに紹介した、

プロゴルファーさんと

専属トレーナーの関係のように。

 

もう少し、”熱狂的なお客さん”を

獲得するべき理由を話したいのですが、

そのためには、まず、

整体院やジムが
コロナや世の中の景気で
売上を左右されてしまう
3つの原因

を、知ってほしいです。

 

以前から、院やジムなど

店舗を持っている人向けに

 

ネット集客の方法などを

紹介していました。

 

その際に、現状の

アンケートなどで

お聞きしたのですが、

 

・売上が前年度同月比50%減

 

なんて話を聞いて、

ぞっとしました。

 

そもそもですが、

コロナウイルスで

売上が落ちたとしても、

原因は我々にはないわけです。

 

すべて、外的要因。

 

見えないウイルスに

かき乱されてしまいました。

 

なのですが…

 

私が言いたいのは

同情ではなく、

 

同じ状況下の中にいても、

あまり売上にダメージを受けず、

 

いつもと変わらずに

お客さんが来てくれる

院やジムもあったという

驚きの事実です。

 

この自粛ムードの中でも、

お店に来てくれるなんて、

なかなか想像つかないですよね?

 

「なぜこの店は、変わらずに、

お客さんが来てくれるんだろうか?」

 

疑問に思い考えてみました。

 

すると、ここには大きく

「3つの理由」があったので、

それらをお話します。

-理由1-
「あなたじゃなきゃいけない!」
というほどの
”熱狂的な顧客”を作れていない

「笹川先生に診てほしい」

「笹川先生じゃなきゃ嫌だ」

 

私はリハビリなどで

全国を飛び回っていますが、

自分の店舗は持っていません。

 

YouTubeなどで

お見せしているように

全て出張です。

 

基本的には全て予約制で

募集するとすぐに埋まってしまいます。

 

普段は東京に住んでいますし、

患者さんも東京以外の人が多いです。

 

北海道、名古屋、大阪、福岡などから

遠く離れた場所に居ても、

リハビリの予約が入ります。

 

1話でご紹介した

私の教え子さんも

 

プロゴルファーの練習に

週2回同行、

 

コロナ期間中も

そのペースは

変わりませんでした。

 

「コロナの影響で

売上が落ちた!」という

意見も多くありますが、

 

コロナ渦の中でも

お店に来てくれる人は、

確かに存在します。

 

一体なにが違うのでしょうか?

 

それが、前回もお伝えした

 

「熱狂的なお客さん」を

作れているかどうか?

 

になります。

 

「先生の虜になっているケース」や、

 

「スポーツ選手のように

定期的に診てもらわないと

パフォーマンスに影響が生まれる」

 

など。

 

熱狂的とか、虜とか、

要するの「ファン」を

獲得できているかどうか。

 

あなたの施術や、セッションを通して

 

「あ、もう一度来たい!」

「ずっと通いたい!」

 

と思ってもらえているか?

 

ここに原因が一つあります。

 

「そんなの分かっている!」

かもしれません。

 

だからこそ、

 

新しい手技を探し、

色々な本を買ったり、

セミナーへ行ったり、

 

しているのだと

ご想像ができます。

 

しかし、

 

巷で教わる施術法では、

熱狂的な顧客を作ることは不可能です。

 

例えば、

 

従来の施術法ですと、

「痛みを取る」ことベースで、

あくまでも基礎です。

 

さらに言えば、

 

みんな同じことを

みんな同じ様に

一斉に学んでいます。

 

すると、みんな

同じようなサービス内容に

なってしまうということです。

 

それで、

「熱狂的なお客さんは作れますか?」

という話です。

 

みんな同じような技術で

同じような内容で施術をする訳ですから。

 

そこに対して、

”プラスα”しなければ、

差別化も生まれないですよね?

 

コロナだろうが、なんだろうが

お店に継続的に足を運んでくれる

 

顧客を掴んで離さない強い理由を

作っていく必要があります。

 

いきなり言われても

想像がつかないと思いますが、

 

QMAを通して

 

・スポーツ選手のケガを改善

・パフォーマンスの向上

・コンディションの維持

 

ができるとなれば、

通い続ける理由になります。

 

やはり、スポーツ選手を

握ることが、熱狂的なお客さんを

捕まえるための必須項目に感じます。

-理由2-
「近いから」「安いから」
という理由で
選ばれてしまっている

整体院、ジムが乱立ちし

業種として希少性が

なくなってしまったように思います。

 

業種自体に希少性がなく、

どこにでもあるという

認識を持たれてしまうと、

 

お客さんの心理としては

 

「どこにでもあるんだから

近いところ、安いところでも

特に差がないだろう」

 

と考えていることでしょう。

 

他の業種でも

こういった現象は起きていて、

 

コンビニや美容院、

ラーメン屋なども同じと言えるでしょう。

 

例えば、

 

今通っている

コンビニや美容院が仮に

 

隣町へ移転した場合や、

極端な値上がりが起きた場合、

 

「これまでと同じ様に通うだろうか?」

 

考えてみてください。

 

当然ながら、わざわざ

遠い場所や、高い値段を払って

 

コンビニや美容院に通おうとは

なかなか思わないわけです。

 

では、あなたの院やジムは

もし遠くなったり、高くなったりした時に

 

同じようにお客さんが通ってくれるのか?

を考えてみてほしいのです。

 

もし、

 

・場所遠くなったり

・値段が高くなったり

 

したら離れてしまう。

 

ので、あればそれは

「近いから」「安いから」

で選ばれてしまっているのです。

 

近いから、安いからという理由だけで

通われて居るのだとしたら、

いずれかのタイミングで見放されます。

 

ひとまず今は、

近いから、安いから

通ってもらえている

 

じゃあ、

 

・もっと近い店ができたら?

・もっと安い店ができたら?

 

一夜にして、お客さんが

離れていってしまうでしょう。

 

例えば、

 

ラーメン屋というのは

非常に分かりやすく、

 

行列のできるラーメン屋には、

熱狂的な顧客が多く存在します。

 

なぜ、熱狂的な顧客が

存在するのでしょうか?

 

たまたまではないはずですよね。

 

「差別化要素」

入れているからこそ、

 

意図的にブームを

起こしているわけです。

 

ラーメンという

シンプルな食べ物に、

 

差別化となる

プラスαが入っている。

 

・すごく辛い

・ダシが違う

・麺が独特

・チャーシューが美味い

 

自分たちにしかない

「差別化要素」を盛り込んで

しのぎを削っています。

 

治療家/トレーナーにとっては

どんな結果を与えられるか?でしか

差をつけるところがありません。

 

例えば、QMAなら

 

・ケガや痛みの改善と予防

・スポーツパフォーマンスの向上

・コンディションの維持

 

の全てをサポートできます。

 

スポーツ選手からすれば

一度に3つの効果が得られるので

メリットが大きいはずです。

 

これも一つ、

差別化要素になると

私は思います。

 

このように、他にはない、

「差別化要素」を

あなたにも手に入れて欲しいのです。

 

あなた自身は一生懸命に

日々の仕事を頑張っていて

 

常にお客様のことを

考えているにも関わらず

 

思うようにいかない苦しさがある

と思います。

 

逆に言えば、

 

差別化要素を手に入れてしまえば

場所が遠かろうが、値段が高かろうが

 

お客さんは、あなたを選んで、

来店してくれます。

 

それはすでに、

私や、私の教え子さん達が

実証済みです。

-理由3-
従来の施術法では
効果や技術の限界が来ている

「施術はどこで受けても一緒でしょ?」

ある友人が言い放った言葉です。

 

業界人であれば、

その先生の絶妙な技術の違いを

見抜くことができますが、

 

一般素人からしたら

「差が分からない」

というのはよくある話です。

 

確かに私も、

 

「髪なんてどこで切っても

大差ないでしょ」

 

と思っていました。笑

 

ただ、

「行ってよかったな」と

感じるときというのは、

 

想像以上に、

カッコよく仕上がった時、

 

つまり、感動した時です。

 

商品・サービスを通して

感情が動くかどうかが

満足度に比例します。

 

私も昔は、治療をしても

 

「ん~、良くなったかな…」

「あんまり、変わらない」

 

と患者さんから

言われる日々でした。

 

なので、

院やジムにおいては、

 

ハッキリとした

成果や結果を与えてあげること

がリピートに繋がると考えられます。

 

つまりですよ、

熱狂的な顧客を作り出すには、

 

効果を、定量的に、

すぐに実感できる

分かりやすい手技が必要

 

ということになります。

 

「そんなのあるんですか?」

 

と、思われた方、

考えてみてください。

 

もし、施術を受けるだけで、

 

・ゴルフ大好きな40代男性が

施術後にゴルフの飛距離が20yard伸びた

 

・中学生で部活の野球に取り組み

ピッチャーの球速が

施術を受けただけで10キロ速くなった

 

そんな体験ができたら

患者さんはどう思うでしょうか?

 

いくら専門知識がない人であっても、

一目瞭然で結果に差が生まれたら

気づきます。

 

「あ、この先生はすごい人なんだ…」

 

数字は嘘をつかないと言いますか、

目に見えてパフォーマンスが上がれば

誰だってテンションが上がります。

 

つまり、感情が動いて

感動してくれるはずです。

 

この夢物語が、

QMAなら、

実現可能なのです。

 

革新的な手技もなくして

顧客を握ることは不可能。

 

時代は代わり、進化していくなか、

従来の施術法を永遠と使い続けるのは

錆びた刀で戦場へ行くのと同じです。

 

QMAでスポーツ選手を

フルサポートし、

感動させてあげてください。

 

下の方に、QMAを受けたあと、

ゴルフの飛距離が伸びた

男性たちの笑顔を

動画で見れるようにしておきました。

 

百聞は一見に如かず。

 

お客さんに感動してもらうとは

一体どういうことなのか?

確かめてみてくださいね。

その場で効果を実感させ
患者を一瞬で虜にする
それがQMAの真髄

以上の…

 

-理由1-

「あなたじゃなきゃいけない」

というほどの熱狂的な顧客を作れていない

 

-理由2-

「近いから」「安いから」

という理由で選ばれてしまっている

 

-理由3-

従来の施術法では

効果や技術の限界が来ている

 

3つの理由から、

世の中の院やジムは

コロナや、世の中の景気で

売上が左右されいるのです。

 

逆に言えば…

 

その場で効果を実感でき、

「あなたじゃなきゃいけない」と

 

コロナだろうが、なんだろうが、

来店してくれる顧客を

作ることができれば

 

どんな状況でも

売上を下げることはなく

 

施術しているだけで、

止まらない口コミ、止まらない紹介が

発生するのです。

 

果たしてそんなことが

可能なのでしょうか?

 

私が提案する解決法はこれです。

 

それは、

 

スポーツ選手の

パフォーマンスアップに

 

重点を置いた

”攻めの施術”で

 

その場で効果を

実感してもらうこと

です。

 

一発で、虜にする。

インパクトがある施術法。

 

過去に患者さんが

あなたを一気に信用し

 

その後も

リピートしてくれるようになった

キッカケを思い出してみてください。

 

例えば、

 

「痛くて痛くてたまらない

膝を治してくれた」

 

とか、

 

そこに強烈な変化があったから

ではなかったでしょうか?

 

実際に、QMAで

その場で変化を実感した人達の

映像をご覧ください。

QMAでその場で変化を実感した感動の声

施術を受けた皆さんは、

 

その直後から

「全然違う」身体の変化を実感し、

 

いきいきした顔で

ゴルフを楽しんでいます。

 

ちなみに施術時間は15分ほどです。

 

超時短ですが、

効果を実感してもらっています。

 

さらに、私だけではなく、

アシスタントでも再現できている

再現性の高い施術法です。

 

即効性×再現性×超時短を兼ね備え、

スポーツパフォーマンス向上という

”独自の結果を約束できる”ので

 

高単価でもクレームが一切来ない

美味しすぎる施術法なのです。

 

まだまだ信じられない方も

多いと思いますので、

 

しっかりと内容について

お伝えしていきます。

なぜ、QMAは誕生したのか?

魔法のようなQMAが

 

「一体、どのように誕生したのか?」

「どういった経緯から開発されたのか?」

 

誕生秘話をお伝えさせてください。

 

「誕生秘話とか要らないから、

さっさと具体的に教えてくれよ」

 

と、思われた方。

申し訳ございませんが、

 

少し我慢して

私の話を聞いてほしいです。笑

 

というのも、これからあなたに、

QMAを実際に使っていただく為に

 

「私(笹川)がそもそも

どういう人間で?」

 

「どういう経緯で

この施術を発見したか?」

 

しっかりと知っておいてほしいのです。

 

もちろん私がお伝えする

 

QMAについては、

理論が分かっていなくても、

 

やり方さえ分かってしまえば、

再現できるものなのです。

 

なのですが、

 

QMAは私が見つけた

「オリジナルの施術法」です。

 

皆さんに使って頂きたいと思いつつも、

真面目で、真剣な方に、

使ってほしいなとも思っています。

 

手技の対しての愛。

 

QMAは私の

息子のようなものなので、

こればかりはお許しください。

 

また、

 

・私がどういう人間なのか?

・どういった経緯で開発されたのか?

 

を、知ってもらった上で

体系的に学んでもらったほうが、

 

根拠を持って取り組めるので

習得も速くなります。

 

もしかすると、

 

私の理論と、

あなたの理論が融合し、

 

さらにすごい秘技が

誕生する可能性だってあります。

 

そしたら次は、

あなたから私に教えてくださいね。笑

 

ですので、改めてここで、

しっかりとお伝えしますね。

スポーツ選手として
パフォーマンスが上がらない
とても悔しい時期を体験

私は現在、

理学療法士として

活動しています。

 

遡ると、小学2年生から剣道を始め、

小学・中学は全国大会へ出場しました。

 

そして、高校では

インターハイに出場した経験があるんです。

 

そこだけ聞くと、

「すごい」と

思ってもらえるかもしれませんが、

 

実際はスランプに陥り、

一向にパフォーマンスが上がらず、

 

とても悔しく、

辛い選手時代を送っていました。

 

コンディションを

維持できなかったので、

 

試合の内容も安定せず、

結果も崩れていて、

 

試合をすればするほど、

スポーツが嫌いに

なっていた時期もあります。

 

当時は、

自分自身のケガも多く、

 

ケガ

リハビリ

トレーニング

ケガ

 

を繰り返し、

パワーやスピードが

向上しない日々を過ごし、

腹が立っていました。

 

相談しても根本的に

それを改善できる人も

いなかったので、

 

ただただ、

もがき苦しんで、解決しないまま、

スポーツ選手を終えたのです。

 

実際このように

悩んでるスポーツ選手は

 

プロだけではなく、

プロ志望の人や、

部活している人や、

真剣に趣味で取り組んでいる人

 

など、

 

スポーツに触れる多くの人に

当てはまる悩みだと思います。

 

スポーツに本気で取り組まれた事があれば

この「悔しさ」や「苦しさ」

伝わるでしょうし、

 

逆に、目標達成したときの

「嬉しさ」というのも感動的です。

施術に全く自信がない
理学療法士の誕生

部活動としてですが

スポーツ選手として

運動をする日々。

 

痛みやケガ、

パフォーマンス、

コンディション維持、

 

など

 

思うように身体が動かない

悔しく、苦しい時期を体験。

 

そして、私は、

 

「科学で運動やスポーツを

上達できないか?」

 

という疑問の答えを見つけるため

運動の専門家である理学療法士になりました。

 

今となっては

・全国飛び回ってリハビリ

・自分の技術を先生へ教えたり

させてもらっていますが、

 

初めは全く自信が持てず

そもそも先輩にも

力不足で怒られているような人間でした。

 

整形外科を中心とした

リハビリや研修として

 

介護老人保健施設(老健)で

勤務していたのですが、

 

勉強したことをやってみても、

 

先輩からは、

「それは違うでしょ・・・」

と怒られる日々。

 

学んだこと、言われたことも

再現できない状態でした。

 

そういった状態なので、

患者さんを診ることも

上手くいかず

 

「んー?よくなったのかな?」

「あんまり変わってないな、、」

 

と辛い一言を浴びる日々。

 

こんな状態では、

 

「この先に仕事として

やっていけないな」

 

と、気持ちを切り替え

猛勉強していました。

 

猛勉強の成果もあり、

少しづつ、知識やテクニックを

習得していきました。

 

といっても、

新人が、人並みになったレベルです。

 

ようやく、スタートラインに立った

という表現のほうが正しいかもしれません。

 

最低限、歩いて来院される

患者さんは元気になって

帰って行くようにはなりました。

「膝が痛くて立てないの・・・」

「膝が痛くて立てないの・・・」

 

という老健で生活されている

年をとった人に出会いました。

 

これまで歩ける方は治療できましたが、

立つことができない膝の痛みを

取ることは私にはできませんでした。

 

「起きて身体を動かしましょう」

と促しても、

 

膝の痛みを恐れて

動けない状態だったのです。

 

少しずつ知識もテクニックが

身についていたとは言え、

まだまだ勉強不足な面もありました。

 

最終的に、

 

「運動しないと

身体はもっと弱くなるよ」

 

としか

言えなかったのです。

 

ここでまた、

自分の理学療法士として
無力さを感じた場面

でした。

 

目の前で困っている人がいるのに、

自分のテクニックでは

それを救ってあげられない。

 

自分の限界というものが見えて

とても嫌でした。

 

これでは、スポーツ選手時代に

自分が悩んでいたときと同じだと。

 

「気持ちだけでは超えられない壁を

絶対に乗り越えて見せる!」

 

と決意し

さらなる猛勉強に励みました。

 

さらなる猛勉強から3年。

 

様々な症例の

ケガや痛みの改善が

できるようになった頃。

 

知り合い経由で

バレーボール部の監督から

 

「練習をハードにすると、

怪我人が続出して、

練習にならないから診てほしい」

 

という依頼を受けました。

 

この時、まさか、

このリハビリの機会が

QMAの発見に繋がるとは

想像もしていませんでした。

たどりついた、1つの疑問

現場に入って私は驚きました。

 

バレーボール部員達は、

 

「膝が痛い」

「脛が痛くて跳べない」

 

といった選手が溢れていたからです。

 

「一体、どんなハードな練習したんだ・・・」

 

と疑問にも感じたんですが、

 

ケガや痛みで苦しむ姿が

当時、剣道に熱中した私と

重なりました。

 

ケガに悩まされ、

スポーツパフォーマンスが上がらずに

もがき苦しんでいる姿。

 

絶対に、改善させてやりたい。

 

そう思い、私は、考えました。

 

そして、1つの疑問にたどり着いたのです。

 

それは・・・

 

今まで高齢者に対して

リハビリを行っていたが、

 

高齢者も、スポーツ選手も、

持っている関節や筋肉は、

同じなのであれば、

関節を守ったりケガを予防する
「関節を痛めない原理」は
同じなのではないか?

と疑問を持ったんです。

 

私は研究は得意な方なので、

疑問について根拠を見つけるべく

さらに猛勉強を重ねました。

 

仮説 ⇒ 検証 ⇒ 評価

仮説 ⇒ 検証 ⇒ 評価

仮説 ⇒ 検証 ⇒ 評価

 

とにかく

 

「○〇筋を鍛えると

どういう反応がとれるのか?」

 

「なにをすれば

良い結果が得られるのか?」

 

を徹底的に調べたのです。

 

そこから、

 

研究した理論を応用して

これから活躍したいスポーツ選手が、

最高の能力が発揮できるように

施術を開始しました。

 

1日中解剖学や機能解剖学などを

寝る間も惜しんで研究に

一ヶ月没頭しました。

 

もちろん、

やることなすことが

すべてうまく言ったかというと

そういう訳ありません。

 

とにかく、仮説→検証→評価

のサイクルを猛スピードで

回していきました。

 

ゴリゴリの営業会社のような

もうブラック会社のように。笑

 

その結果、

 

歩き方・スクワットの

姿勢を見ただけで

 

どこの筋肉が筋力低下を

起こしているのか?

分かるようになりましたし、

 

ついに

 

高齢者でも、スポーツ選手でも、

同じように

 

「痛みや怪我の改善や予防」

ができるようになりましたし、

 

スポーツ選手に限っては

「パフォーマンスの向上」

「コンディションの維持」

にも効果が出るようになりました。

 

それが今まさに、

あなたへお伝えしている、

QMAなのです!

バレー部員の
怪我人はゼロになり
跳躍力は向上

QMAを開発してから

バレー部の怪我人はゼロになりました。

 

さらに

 

「ジャンプの高さが変わった!」

という声も頂きました。

 

なぜ、「治す」を超えて

能力を「伸ばす」ことができるのか?

 

シンプルに説明すれば、

QMAで関節が安定したからです。

 

出力機能と、伝達機能の向上により、

 

・より高く跳べる

 

ことに加え

 

・より早く反応できる

 

ようにもなりました。

 

それに加えて

「痛みやケガの予防」

にもなっています。

 

まさに完全無欠のバレー選手。

 

さらに継続的に

QMAを施していくことで

 

競技で比較的多く使用する

筋力がさら強くなっていき

 

パフォーマンスは

さらに伸びていきます。

 

「治す」 × 「伸ばす」

 

それに加え、「維持」も可能。

もっと言えば「予防」にも対応。

 

一石二鳥どころではないですね。笑

 

もし、剣道選手だった当時の私に、

この施術をしてあげていれば

 

もしかしたら全国で

活躍していたかもしれません。笑

 

私が一番欲しかった内容を

私自身が提供できるようになったのです。

 

もちろん、

バレーだけではなく、

 

・野球で球速を速くする

・ゴルフの飛距離を伸ばす

 

など、

 

その競技に合わせた

スポーツパフォーマンスも

向上させることに成功しています。

 

QMAで、

 

・パワー

・スピード

 

が向上し、

 

バランスも良くなり、

根本的に姿勢も良くなっていきます。

 

そして私は、開発したQMAを

同じ職場全員に
教えてみました

当時は、組織に務める

雇われの身だったので、

 

今のように教えることを

仕事にするとは思っていませんでした。

 

ですので、自分が発見した施術法を

同じ職場の人に教えて、

会社に貢献しようと思ったのです。

 

ここで教えたのは正解でした。

 

なぜなら、教えることで

QMAの不完全な部分を補えたり

私自身が教えることが上手くなったからです。

 

「あ、この説明だと

理解しきれないんだな」 とか

 

「なるほど。こういうところで

躓いてしまうんだな」 など

 

指導者としてのスキルも

向上してしまったのです。

 

さらになにより、

「教えるって楽しい」

ということに気づいたんですね。

 

自分が教えた技術を使って

施術した患者さんが喜んで帰る。

 

すると、

 

・教えた相手 と

・患者さん の

 

2人から感謝される。

 

これは、私の生産性の輪が

どんどん広がっていくなと

正直、鼻の下が伸びてしまいました。

 

やっぱり嬉しいんですよね。

 

「笹川先生のおかげで・・・」

 

の一言を頂けるというのは。

 

やはり私だけでは、

診ることができる範囲や

人数に限りがあります。

 

しかし、全国には

 

「痛みに苦しむ高齢者」もいれば、

「悔しい思いをしてるスポーツ選手」は、

 

たくさんいらっしゃいます。

 

であれば、

 

沢山の人がQMAを実践し

沢山の人を救ったほうが

私の理念に合っています。

 

結果的に、

きちんと学び、実践してくれた人は

QMAができるようになっていました。

 

一人でも多くのスポーツ選手を

科学の力で、上達へ導く。

 

そして様々な現場で、

スポーツ選手の

 

1.ケガや痛みを根本的に治せる

2.コンディション維持できる

3.パフォーマンス向上を実現する

 

ことが、できる治療家/トレーナーに

なってほしいなと思います。

 

すでに実際に、私の教え子たちが

スポーツ選手のフルサポートに努め

活躍している実績もあります。

新人理学療法士も
初日から効果を実感

もし、QMAを

実際に使うとなっても、

 

あなたはすべてのことを

学ぶ必要はありません。

 

すでに研究された内容を

学ぶことにより、

 

自分で考える手間や時間を

省くことができるからです。

 

これが「科学」であり

「情報」なのです。

 

その証拠に、

新人理学療法士でも

 

QMAを学んだ初日から

扱えるようになりました。

 

解剖学や運動学について

詳しい知識がない状態でも

 

パターンとロジックさえ

理解してもらえたら

再現が可能です。

 

スポーツチームの

コーチをしているような方でも、

 

なんだったら、主婦の方でも、

再現ができます。

 

きちんと、プログラム通り、

いくつかのプロセスを学べば

自然と、同じ結果が得られる。

 

誰でも同じ結果を

手に入れられるように

すでに検証されたものが科学です。

痛みを取るだけではなく
「能力を伸ばす」先生へ

私がお伝えする

 

QMAを1つ覚えるだけで

治療家/トレーナーしての幅は広がります。

 

なぜなら、スポーツ選手の

 

1.痛みやケガを改善と予防

2.コンディションの維持

3.パフォーマンスの向上

 

をフルサポートできるからです。

 

目的は違っても、

やる内容は全く同じなのです。

 

さらにこの施術は、

継続すればするほどに、

 

競技特性にあった

筋肉が付いてきます。

 

なので、

 

1人の患者さんを抱え

長くその人を施術していくことで

より効果的なサポートが可能です。

 

まさに、虜にする。

あなたから離れられなくなるでしょう。

 

1話でお話した状況がそうですし、

県外から田舎の整体院に通う

プロスポーツ選手も事例があります。

 

それは、QMAという科学の力なのです。

 

研究期間は、10年。

 

施術法の確立に4年の歳月を費やし、

ついに完成した究極の秘技。

 

それが、QMAです。

すでに圧倒的な
実績があります!

私からQMAを教わり、

現場で活躍している方たちが

すでに全国にいます。

 

例えば、

私の教え子達の今はと言うと…

 

・学生が空き時間に月商50万

 

週3日夕方からの営業だけで月商200万

 

・初回4万5千円の高単価でも

予約が絶えない

 

・今どきホームページもない

田舎の整体院が2ヶ月先まで

予約でいっぱい

 

・学んで半年後にプロ野球選手と契約

 

・たった1人で8つのスポーツチームの

顧問になり全国を飛び回っている

 

・大阪の治療院に、東京や九州、

海外からも通院される

 

などなど…

 

皆さんそれぞれ

「先生に診てもらいたい」という

 

熱狂的な顧客を抱えることで

どんな状況でも安定した収入を得ています。

 

「やってみたけどイマイチだった」

「うまく再現することができなかった」

 

私が教えてから

そういった声をもらったことはありません。

 

ここにあるのは、

「知っているか?知らないか?」

の違いただそれだけです。

 

私はあなたの今の状態を

完全に理解しているわけでは

ありませんが、

 

どんな状況であったとしても

QMAを使って、

 

そこから抜け出すことができると

確信しています。

 

不毛な争いや、

辛い悩みから解放されましょう!

一緒にスポーツ選手を
完全フルサポートできる
治療家・トレーナーを
目指しませんか?

正しい知識を身につけ、

実績を積み重ねていくことで、

 

今後の人生に

大きな影響を与えます。

 

「本当にこんなにうまくいくの?」

 

心配になってしまう

気持ちも分かります。

 

今まで色々な施術法を勉強し、

試してきたのだと思います。

 

その度に

 

「これは違う」「あれも違う」

「またダメだったか」

 

と悔しい思いをしたんだと思います。

 

ですが、大丈夫です。

 

今回のQMAは

正真正銘の本物です。

 

今あなたが考えている

心配や不安は、

 

全てあなたが作り出した

ただの幻想にすぎません。

 

知識を身につけて、

方法さえ知ってしまえば、

 

あなたも

スポーツ選手をフルサポートし

 

熱狂的な顧客を

作ることができるのです。

ですがその前に…

 

どうしてもあなたに

伝えておかなければならない

重要なことがあります。

 

実はこれまで

お伝えしてきたQMAには

ある「欠点」が存在

するのです。

 

いまさら欠点を公表するのは

都合が悪い情報を隠していたと

思われるかもしれません。

 

ですが、事前にQMAについて

しっかりと理解をしてもらった上で

 

欠点についてお話しなければ

伝わらないと思ったので、

ここまでお話をしていませんでした。

 

そして、ここまで

 

QMAがいかに

効果を発揮する施術法であるか?

をお伝えしてきました。

 

少しでも

興味を持ってくれていると思います。

 

本当に嬉しいです。

 

改めてQMAは

正しい知識の元、

正しく実践をすれば

 

どんな素人でも

再現が可能であり

スポーツ選手のパフォーマンス向上を
”フルサポート”することが可能

です。

 

その可能性を感じてくれているからこそ、

今日も配信を受け取ってくれているかと思います。

 

ですが、申し訳ございません。

 

これからそのQMAの

「唯一の欠点」をお伝えします。

 

欠点というのは、

QMAを取り扱う上での

注意点になります。

 

もし、その欠点が

”受け入れられない”という人には

QMAを使うことができません。

 

QMAを「正しく使う」ための

最重要事項です。

 

ではその欠点とはなにか?

 

それは、

 

QMAが

「怪我の原因になる」

可能性があるため

”本を読んだだけ”や
”見よう見まねでの実践”は
絶対NGでお願いします!

ということです。

 

詳しく説明させてください。

 

大前提として、

何度もお伝えしている通り

QMAを正しく使うことで

 

誰が相手でも身体機能が向上し、

スポーツパフォーマンスが上がります。

 

しかし、間違った使い方をすると、

「身体機能が向上しすぎてしまう」

という危険が潜んでいるのです。

 

あまりにも効果が

高すぎるゆえの弊害なのですが、

 

1つの部分の機能が向上することで、

別の部位への負担が

大きくなってしまいます。

 

本来であれば、そのリスクを

カバーするように施術を行うのですが、

 

見よう見まねで施術をしてしまうと、

「カバーする」という概念がないため、

 

患者さんを壊してしまう

可能性が出てくるのです。

 

なので絶対に見よう見まねで

QMAを使うことは辞めてください。

 

もし私の指導を受けることなく

ここまでの発信内容だけで

実践を考えているのであれば、

QMAのことはもう忘れてほしいです。

 

こればかりは患者さんを

危険に晒す行為なので

本当にお願いします。

お願いします
もうQMAのことは
忘れてください

企画に参加をして頂ければ、

 

QMAについての

「正しい知識」と

「正しい使い方」を

学ぶことができるため、

 

間違った使い方をする可能性を

ゼロにすることができます。

 

ですが、

 

企画に参加をしない場合は、

それらを手に入れることができないため、

QMAを使うことは不可能なのです。

 

知っているのに、

使えないのであれば、

 

もう忘れてもらったほうが

よろしいかと思います。

 

これから案内する

「QMAを習得するための企画」に

参加されないのであれば、

 

本日を持ってQMAについては全て、

記憶から消してもらうようにお願いします。

 

正しい順序、正しい知識、

正しいバランスを持って取り組めば、

そういったリスクはなくなるのですが、

 

不完全の知識で実践してしまうと

危険なので、本当にやめてほしいです。

 

※それほどまでに効果が高い施術法です。

ご了承ください。

私はあなたとこそ
一緒にQMAを
使いたいのです!

ここまでの文章を読んで

QMAの欠点を受け入れられるという人へ

 

本当にありがとうございます!

そして、おめでとうございます!

 

ぜひ、一緒にQMAを使って、

スポーツ選手を

フルサポートしていきましょう!

 

例えば、こんな方は大歓迎です!

 

「一流のスポーツ選手を

サポートできるなら

本気で目指してみたい!」

 

「地域外からでも

患者さんが来てくれる

熱狂的なお客さんを作ってみたい!」

 

「今まで自信がなく単価を抑えていたが、

最高の技術を持って、高い単価の施術に挑戦し、

今までの月商を大きく更新したい!」

 

「先生としてのステージを上げて、

他の先生や患者さん達からも一目置かれる

有名施術家の仲間入りをしたい!」

 

これらの中であなたが

当てはまるものがありますか?

 

心が震えました。

 

こういった意見を頂いたとき、

私は心が震えました。

 

「あ、こんな人に、

QMAを届けられたら、嬉しいな」

 

と、非常に考えさせられました。

 

このようなメッセージを読んで

あなたはどう感じますか?

 

「1%でも可能性があり、

できるものなら、私をやってみない」

 

と自信がなくても思って頂けたなら、

ぜひ私に付いてきてください!

 

もし仮に、「私と一緒だ…」と感じられなかったら、

私と進む方向が違うことになりますので、

このままページを閉じてもらっても構いません。

 

ここまで離脱せず、

読み進めてくれたあなたこと、

QMAを使うべき先生だと確信しています。

 

ステップ1:QMAの「正しい理論」を理解する

ステップ2:QMAの「正しい施術法」を理解する

ステップ3:QMAの「注意点」を理解する

 

これらの3ステップで

QMAに関する詳細を噛み砕きながら、

 

あなたが確実にQMAを実践でき、

熱狂的なお客さんを作ることをお約束します。

熱狂的なお客さんを量産するには?

いかなる時も通い続けてくれる

熱狂的なお客さんを量産するには

顧客を強く握るための施術法が必要です。

 

そしてそれは、

 

スポーツ選手が相手であれば、

目に見えて効果を発揮するため、

 

リピーターになりやすく、

長期間にわたって通い続けてくれます。

QMAをどのようにして身につけるのか?
具体的な方法をお伝えします

QMAを身につけるための

ステップはたったの3つです。

 

ステップ1:QMAの正しい理論を理解する

ステップ2:QMAの正しい施術法を理解する

ステップ3:QMAの注意点を理解する

 

この手順に沿えば、確実にQMAをが身につき

一生涯スポーツ選手のフルサポートが可能なのです!

QMAを身につけたい!

ここまで読み進めてきてくださり、

「身につけたい!」と言ってくれる人がいるなら、

私は本当に嬉しく思います。

 

そして、あなたの力になりたいと考えています。

 

私と一緒に、QMAを身につけ、

全国のスポーツ選手を

フルサポートしていきましょう。

 

そのための「特別な講座」を準備しました。

 

あなたの今のレベルは関係なく、

専門知識も不要、素人状態でも

手順通りに学んで頂ければ、

QMAを実践することが可能になります。

 

この講座では、どこにお住まいの方でも

QMAを学んでいただけるように、

「オンライン形式の動画講義」をお届けします。

 

早速、具体的にどんな講座なのか、

詳しい内容を説明していきますので、

 

講座の中身を順番に読みながら、

あなたが実践している姿を想像してみてください。

理論×施術法×注意点がすべて学べる
「QMAマスタークラブ」

QMAマスタークラブでは、

QMAをあなたにも実践できるように、

どこでも誰でも学べる動画コンテンツ集です。

 

人間の原理に基づいた学習理論を元に、

誰でも実践できるようにカリキュラム化しました。

 

1つ1つの動画を用いて、

イチから丁寧にお伝えしていきますので、

動画を見ながら、一緒に学んでください。

 

では、実際にどんな内容なのか

一緒に見ていきましょう。

コンテンツ01
施術の基礎理論編

コンテンツ02
施術実践編

コンテンツ03
施術の注意点

 

以上のコンテンツで

QMAを身につけて頂きます。

さあ、QMAを一緒に身に着けましょう!
でも「本当に自分にできるのか」
不安はありませんか?

QMAを勉強していく際に、

1人で学んでいるだけだと、

 

何をすれば良いのか

迷ってしまうこともあるかと思います。

 

ですから、1つ1つ、

最短最速であなたが

QMAを身につけて頂けるように

お伝えしていきます。

 

理論、施術法、注意点を

1つずつ動画を通して、

具体的な動きを見せながら、

 

あなたにも実践できるように、

詳しく噛み砕いてお伝えしていきます。

 

ですが、

 

「本当に大丈夫かな、、、」

「私でもついていけるのかな、、、」

 

と、不安ではありませんか?

 

もしかすると、

QMAマスタークラブの内容を

確認していただいて

 

「すごい!でも、

本当に私にもできるのかな?」

 

不安になったかも知れません。

 

ですが、安心してください。

 

今回のQMAマスタークラブでは、

そうならないように

特別サポートを用意しています。

 

「できないかも…」

という不安を取り除けるように、

 

あなたが躓きそうなポイントを

1つずつサポートしていきますね!

成果を完全保証する
サポート体制

参加費の話をします

以上が私があなたに提供するノウハウとサポートです。

 

さて、ここまで読んできて、ご理解頂いている通り、

もしQMAを身につけられるとしたら、

 

「QMAマスタークラブ」へ参加できることは

あなたにとっていくらの価値がありますか?

 

私はこれまでに

 

・理学療法士の専門学校へ通い勉強

・様々な勉強会や、セミナーへ参加し勉強

・現場での経験から学んだこと

・他の人に教えることで気づいたこと

 

がたくさんあります。

 

たくさんのお金、

たくさんの時間、

たくさんの労力を費やし、

 

多くのことを学び、

多くの人へ教え、

多くのお客様を笑顔にしてきました。

 

QMAマスタークラブで身につけられる技術は、

年間170万かかる専門学校よりも、現場で活きてきます。

 

なぜなら、過去に学生がQMAを空き時間に実践し、

月商50万になった事例があるからです。

 

ですから、今回の

「QMAマスタークラブ」は、

参加費:10万円が妥当だと考えました。

 

しかし、この企画を発表する前に、

私のもとにはたくさんのメッセージが来ました。

 

その多くは

「コロナの影響で売上が落ちてしまった」

という経済的ダメージを受けた方のメッセージです。

 

売上が落ちても、再び頑張ろうとしている、

先生をどうにか救いたい。

そのために、QMA絶対に必要です。

 

しかし、10万では

手にとって頂けないと思いました。

 

ですので、今回

「QMAマスタークラブ」の参加費は、

なんと当初の半額以下の

 

「39,800円」

 

で、募集することに決めました!!

 

その代わり、募集人数・期間を設けます。

募集人数は50名で打ち切り。

募集期間は1週間で終了です。

 

私個人がサポートする限界もありますので、

こちらはご了承下さい。

 

Q&A

Q.どういう形式なんですか?

 

A.動画講義から構成される

ポータルサイトでお渡しします。

 

パソコン、スマホから視聴できるので、

いつでもどこでも学ぶことが可能です。

 

Q.地方在住ですが、参加可能ですか?

 

A.地方でも、海外でも参加可能です!

 

今回は、対面ではなく、

オンライン形式の動画講義で

受講していただけます。

 

あなたがどこにいても

ネットさえ繋がる環境であれば

全く問題ありません。

 

Q.「QMA」ってなんですか?

 

A.QMA=クイック・マッスル・アジャストメント法のことです。

 

私が開発した施術法で、

1つ覚えてしまえば、

 

1.スポーツ選手のケガを根本的に治せる

2.コンディション維持

3.スポーツパフォーマンスの向上

 

ができる先生となり、

スポーツ選手をフルサポートできるようになります。

 

その結果、

熱狂的なお客さんを量産することができるのです。

 

Q.分からないことがあれば質問など出来ますか?

 

A.はい、できます。

 

今回はサポート特典で「Facebookグループ」を作っています。

その場であなたの質問を受け付けることができますので

返信させていただきます。

 

さらに、他の参加者の質問を見ることもできるので

参考にしてみてください。

 

Q.仕事が忙しいのですが、どのくらい時間を使いますか?

 

A.物事の習得には個人差があるので断言はできませんが、

1日20分ほど、時間を取って頂ければ、

学習を進めることができますので、ご安心ください。

 

「動画を見る時間を20分も取れない」という方は

流石に厳しいかなと思います。

 

すでに多くの方が
QMAで実績を作っています!

私自身にも
多くの実績をがあります!

有名雑誌やWEBメディア、

新聞でも特集された経験があったり、

 

書籍を出版し、重版されるなど、

信頼を獲得できている施術法ですので、

安心してください。

 

 

追伸1

繰り返しになりますが、

 

この「QMAマスタークラブ」へ

参加したあなたは、

 

1.スポーツパフォーマンスを

完全フルサポートできる先生になる

 

2.姿勢や歩き方を

根本的変えられる技術力

 

3.トップアスリートから支持される技術力

 

4.怪我を治すだけではなく、

パフォーマンスアップ、コンディションもできる

アスリートにとって必要不可欠な存在になる

 

5.「近いから」「安いから」で選ばれるのではなく

あなたの施術を受けたいから選ばれるようになる

 

6.いかなる時も通い続けてくれる

熱狂的なお客さんを量産し

高い水準で月商が安定する先生になる

 

7.単価3000円→45000円、不定期→週1必ず、

満足度高い、リピート率高い、

結果や成果が保証された誰でも再現可能の

顧客を強く握れる施術法が身につく

 

これら全てを手に入れることができます。

(※すでに多くの先生方が効果実証済み)

 

さらに

「QMAマスタークラブ」は

 

動画コンテンツを用意してありますので

パソコンやスマートフォンがあれば

どんな場所でも好きな時に習得することが可能です。

 

デジタルが苦手な方でも

クリック1つで簡単に見る事ができますので

そこも安心して下さい。

 

参加方法は2つ。

1つ目は銀行振り込み、

2つ目はクレジットカードです。

 

次のページにどちらかを選択する箇所がありますので

どちらか都合の良い方を選んでチェックをいれて下さい。

 

クレジットカードの方が私が確認が早くできるため

すぐにあなたのメールボックスに

「QMAマスタークラブ」のコンテンツを届ける事が

できます。

 

もしクレジットカードがない方も、銀行振込を

すぐに確認してメールで送りますのでので

安心して下さい。

 

それではあなたのご参加をお待ちしております。

 

追伸2

大変申し訳ないのですが、

「QMAマスタークラブ」は

 

募集人数:50人

募集期間:1週間

の限定での募集

となっています。

 

すでに多くの方から

参加表明を送って頂いており、

 

あなたがこの手紙を読んでいる最中にも

何十人もの人が申し込みを済ませていることでしょう。

 

当然ですが、1週間が立つ前に、

人数が50名に達した場合は、

 

「即販売終了」

 

となってしまいます。

 

その後はいくらお願いされても、

私は参加を受け付けないです。

 

ですので、1秒でも早く

参加を決断して下さい。

 

もし不安な部分や疑問点、

相談したいことが1mmでもあるなら

必ず私に相談してください。

 

参加する前も、参加した後も、

私に遠慮なんてしないでくださいね!

 

<相談フォーム>